ブック・キープ・サービスとは?

あなた自身の本が保管された「プライベート図書館」

読書は人生の楽しみの一つです。毎月毎年、本の量はどんどん増え続けていきます。
限られたスペースの中で、その本をどのように整理しますか?
本の購入をひかえるか、古書店に売るか、捨ててしまうというのが今までの解決法でした。
しかし、愛着のある本の扱いとしてはどれも抵抗があります。
「ブック・キープ・サービス」はそんな方のために登場しました。
読み終えた本は預けてしまう。これで、本棚も、お部屋もスッキリ!
もちろん必要な時はお届け致します。

東京書庫は、1965年に創業し、ブック・キープ・サービスは1992年から開始されたサービスです。
個人で延べ3,000人、法人で100社、図書館で30館にご利用いただいています。

※いずれもサービスによって異なります。
詳しくはサービスのご紹介をご覧ください。

ブック・キープ・サービスに申し込む

ニーズに合わせた豊富なラインナップニーズに合わせた豊富なラインナップ

ブック・キープ・サービス

あなたにあった保管スタイルが選べます。
保管料は専用ケース1箱/月額210円~、ケースの収納量は単行本で約50冊、文庫本で約100冊程度が収納できます。また、1冊単位で預けることが可能なサービスもございます。
「ブック・キープ・サービス ネクサス」をご利用いただくと、専用ケースを使わず、1冊単位で保管が可能となります。

本のリストはお任せください。WEBから1冊単位で取り出し可能です。NEXUS Plus本のリストはお任せください。 WEBから1冊単位で取り出し可能です。NEXUS Plus

書庫書庫

ISBNコードのない本(データベースのない本)でもリストをお作りできます。
また、東京書庫オリジナルBiblio terraceで保管一覧、 1冊単位での本の取り出しが可能です。
詳しくはサービスごとに異なるため、サービスのご紹介をご覧ください。

東京書庫オリジナルの書籍管理サイトです。
本を預けている間ずっと使えます。
保管開始時にログインID・パスワードをお知らせします。

Biblio terrace

本の保管にこだわった倉庫本の保管にこだわった倉庫

東京書庫の建物はRC構造(鉄筋コンクリート構造)
自社物件倉庫なので、他の会社、他の荷物などが混ざることのない、書籍専門の倉庫です。
本の専門家“司書”の厳しい保管条件にパスできるから図書館の本もお預かりしています。

ブック・キープ・サービスに申し込む
安心安全の倉庫について
閲覧室のご利用について